旬の食材を使った和食料理をご提供します。 カニ料理・手打ちそばなど食事も宿泊も出来るのは堅木屋です。

堅木屋の主人がつくる手打ち蕎麦は、兵庫県豊岡市出石町の出石米穀さんの蕎麦粉を使って、そば粉8:つなぎ粉2の二八蕎麦をお出ししています。

手打ち蕎麦 水回し

手打ち蕎麦 水回し

手打ちそば打ち 丸のし

手打ちそば打ち 丸のし

 麺鉢にそば粉と入れ、冷水を加えて、そば粉と水を混ぜ合わせます。しっかり混ざったら、両手で強くこねます。ぱさぱさ感が無くなり、しっとりと固まったら、へそ出し成形します。  麺台に移し、両手で丸く伸ばします。この時左手で回しながら、右手で蕎麦を伸ばします。

手打ちそば打ち 丸出し

手打ちそば打ち 丸出し

手打ちそば打ち 角だし

手打ちそば打ち 角だし

 麺棒を使ってさらに丸く伸ばします。こと時直径は。60cm位になります。  麺棒に丸出しした、そばを巻いて角だしの作業を行います。麺がだんだん薄くなっていくので、破らないように、打ち粉を使いながら四角に伸ばします。

手打ちそば打ち 包丁切り

手打ちそば打ち 包丁切り

手打ちそば打ち 湯がき

手打ちそば打ち 湯がき

 四角に角だしした蕎麦を、綿棒を使って、右から左に重ね、さらに手前から上に2回重ねます。まな板の上にそばを乗せ、小間板をあてがって、そば切り包丁で細く切ります。  たっぷりのお湯が沸いたら、蕎麦の麺を入れ、およそ1分手早く湯がきます。

手打ちそば打ち 洗い

手打ちそば打ち 洗い

DSC_1022
 湯がき上がった蕎麦を冷水で洗いながら、麺に付いている打ち粉を取り除きます。  自家製の割り下を鰹節と昆布、煮干しの出汁で伸ばしたそばつゆで召し上がって頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です