旬の食材を使った和食料理をご提供します。 カニ料理・手打ちそばなど食事も宿泊も出来るのは堅木屋です。

この秋に商品化する「牡蠣の五目めし」の試作品を作りました


牡蠣の五目めし

まずは、味見をする必要があるので、牡蠣を酒、醤油、みりんで下味を付け一晩寝かせます。
強火で牡蠣に焦げ目が付くくらい焼きます。
後の具財は鯛の五目めしと同じ要領で、人参、牛蒡、しいたけ、生姜を炊き込みます。
炊く時、バターを少々、加えピラフ風に仕上げます。

牡蠣の五目めし

牡蠣をしっかり焼くことで、牡蠣の旨味が増し、バターを加えることで、苦手な人でも召し上がっていただける味になりました。

牡蠣の五目めしラベル

包装用に使うラベルはdesign 想 -sou-の森さんに作って戴きました。
鯛の五目めし同様に納得できるラベルに仕上がりました。
9月の販売に向けて一歩前進できました。
京丹後・久美浜の宿、堅木屋の料理もご覧下さい
丹後にはええもん、うまいもんがいっぱい。
あじわいのある古民家宿をはじめ、牧場バーベキュースポット、
19世紀の味の店ボート免許が取れる場所など盛りだくさん。
鯛めし京野菜などのごはんも充実。手摘みのブルーベリーも要チェックです。
開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。
堅木屋のお土産鯛の五目めしもご覧下さい