旬の食材を使った和食料理をご提供します。 カニ料理・手打ちそばなど食事も宿泊も出来るのは堅木屋です。

京丹後久美浜の綿徳商店のコノシロ寿司の紹介です。

綿徳商店

京都府京丹後市久美浜町3162番地で鯛せんべいも作っています。
冬になると店頭に並ぶのがコノシロ寿司です。京丹後のおやじさんも紹介されていますが、私も好物なのです。
このしろ寿司

寒きなると、旬を迎える、このしろ(すし屋さんではコハダと言います)を酢〆して、甘く味付けした、おから(卯の花)を、背開きしたこのしろに詰めます。
私は、買ってから一日置いてから戴きます。こうすると、味がなじんで、更に旨味が増します。
由来・起源

お店に入ると、由来と起源を記した額縁があります。その中に、江戸時代に徳川家康に献上したと書かれていました。
このしろ寿司には日本酒

徳川家康も食べたと言われる、このしろ寿司を日本酒の肴にすることに、これが、けっこういけるのです、甘酸っぱい味が日本酒を勧めます。

blogランキング
宜しければクリックして下さい

京丹後・久美浜の宿、堅木屋もご覧下さい
パソコン教室の先生に教わった京都・丹後の旅。
海水浴場キャンプバーベキューだけではもったいない
宿民宿21世紀の味を堪能。
旬の魚介はもちろんのこと、枝豆手打ちそば丹後こしひかり
仕上げはジャージープリン
イラストの絵葉書と
開運はんこお土産に、さあ、帰ろう!^^
堅木屋のお土産五目めしもご覧下さい