旬の食材を使った和食料理をご提供します。 カニ料理・手打ちそばなど食事も宿泊も出来るのは堅木屋です。


かには持って、ずっしりと重い、かにを買いましょう
紅かに

旨味を逃さない、かにの裁き方を伝えます。かにの甲羅を下にして足を外します。

かに裁き1
かに裁き2

かにの胴体の中央にある三角の突起物を取ります。
片方の足を持って、上に上げ、足半分をもぎ取るります。

かに裁き3
かに裁き4

残りの半分も同じように取ります。これで甲羅の中にある美味しい味噌が現れます。

かに裁き5
かに裁き6

足の元についているエラを綺麗に取り除き、足を切り離します。

かに裁き7
かに裁き8

足の付け根を半分に切ります。足も縦に切り目をいれ、食べやすいように切ります。
すべて切れたら、器のもって出来上がりです。
美味しいかにを上手く裁いて、かにのすべてを味わって下さい。
堅木屋の料理もご覧下さい
『11月解禁!!北近畿、京丹後・久美浜で獲れたての新鮮な
かに料理かき料理を久美浜の宿で堪能しませんか?
ゆっくり温泉に浸かった後は、ジャージー牧場でアイスモナカを堪能。』
京丹後には 19世紀の味 本物の味があります。

紅ずわい蟹(紅がに)」 に4件のコメント

  1. カンノ より:

    かにの料理の仕方ですか、フムフムなるほど。
    といっている間に我が家ではもうカニはありません。
    ところで昨日は貴重な時間を頂きありがとうございました。
    あれから何度かやっていますが、同じことの繰り返しです。
    しかしへこたれずもう少しがんばってみます。

  2. joyokuda より:

    こんばんは、お昼はわざわざ来ていただいてすみませんでした。早速ブログに取り掛かり作成しましたので
    ごめいわくでしょうがトラックバックかけました。見てください。

  3. kataiya より:

    カンノさん、勉強不足で出来なくて申し訳ありません。判りましたら連絡します。

  4. kataiya より:

    joyokudaさん、分かる事は答えますよ。
    トラックバック出来ていないようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です