赤魚煮つけ

あかメバルと坊ちゃん南瓜、がんもと六角小芋の煮物です。坊ちゃん南瓜は握りこぶしくらいの大きさの小さな南瓜ですが、味はこく甘みもしっかりしています。がんもは豆腐に人参、椎茸、シメジなど季節の野菜を加えて丸めたものです。六角形に剥いた里芋は今が旬の食材です。アクセントのきぬさやと紅葉麩が彩を添えます。

赤魚の煮付

アコウと坊ちゃん南瓜、里芋とがんもの煮物です

カテゴリー: グルメ, 京丹後市, 京都府, 和食, 堅木屋の料理, 料理 | コメントする

京丹後久美浜の紅はるか甘露煮

サツマイモは皮付きのまま使うので、表面に傷のない細い物を使います。サツマイモを輪切りにして、シロップで煮るだけの簡単な料理ですが、ひと手間かけるだけで、きれいに美味しく仕上がります。

紅はるか

紅はるか

サツマイモ甘露煮

サツマイモ甘露煮

imgp3946
鍋に水を入れ黄色く着色するためのクチナシの実を入れ沸騰したら火を止め色だしをします。輪切りにしたサツマイモを入れ、沸騰したら火を止め冷まします。*この時サツマイモは硬くてよいです。サツマイモが冷える時に黄色く色着きます。
imgp3949
 同僚の水と砂糖でシロップを作ります。色付けしたサツマイモをステンレスのバット入れ、シロップを注いで、ラップをかけて中火の蒸し器で20分~30分蒸します。一晩置くと味がしみ込んで美味しくなります。*鍋に入れて直焚きすると火が強く、皮と実がはがれるので、蒸し煮が良いと思います。
カテゴリー: お菓子, グルメ, 京丹後市, 和食レシピ, 堅木屋, 堅木屋の料理, 料理, 料理レシピ | コメントする

栗の渋皮煮

毎年この時期に 栗の渋皮煮の仕込みをします。3kgの栗なので、出来上がるまでに3日間かかります。栗は渋皮に傷をつけないように、鬼皮をむきます。重曹加えたお湯で渋抜きをして、細い渋を竹串の先で取ります。蒸し器で柔らかくしてから、シロップで煮込みます。

栗の渋皮煮

栗の渋皮に傷をつけないように鬼皮をむきます。

栗の渋皮煮

渋抜きして冷凍保存した栗を、蒸し器で柔らかくしてから、シロップ煮しました。

栗の渋皮煮

渋を抜いた栗を蒸すことで、水分が抜けて、味が良くしみ込みます。栗の渋皮煮を仕上げる前のひと手間です。

栗の渋皮煮

栗の鬼皮をむき、重曹水で渋を抜き、真空パックして、冷凍保存します。

カテゴリー: お菓子, グルメ, 京丹後市, 堅木屋の料理, 料理 | コメントする

梨とイチジクのワイン煮

 梨とイチジクを保存んも兼ねて、梨は白ワインで、イチジクは赤ワインでワイン煮にします。ワインは安価なものでよいのですが、辛口を使用します。お客様のデザートに食べて頂きます。

京丹後・久美浜の梨

京丹後・久美浜の梨

京丹後・イチジク

京丹後・イチジク

梨とイチジクのワイン煮

梨とイチジクのワイン煮

カテゴリー: お菓子, 京丹後市, 堅木屋の料理, 料理 | コメントする