京都梅小路蒸気機関車館

Pocket

7月3日、京都市に行く機会があったので、梅小路蒸気機関車館を訪れました


旧二条駅

梅小路蒸気機関車館入り口に旧二条駅舎があり、現役時代、日本最古の木造駅舎と言われていました。京丹後からJRを利用して京都市を訪れる時は二条駅を良く利用します。
梅小路蒸気機関車館には、全部で18両の蒸気機関車を保存しています。動態保存車両は7両あります。SLやまぐち号で活躍するC57形1号機や、SL北びわこ号のC56形160号機も営業線での運転がない時は、梅小路蒸気機関車館で検査・修繕を受けていたり、展示されています。

8630

大正時代の代表的な機関車ではちろくの名前で親しまれ、約700両作られました。この機関車は関東地区で活躍していたものです。
今でも現役で働き、SLスチーム号として館内のイベント用に走っています。

C621

C62は1948年から1949年の間に製造された超大形の旅客用機関車です。D52形のボイラーを流用して製造されました。東海道線のさくら、つばめなどの特急列車を牽引しました。

C622 C551 C581

製造当時のままに、綺麗に展示ています。
蒸気機関車の呼び名はは、動輪の軸数をアルファベットで表したものと、数字を組み合わせてつけています。
Aは動輪1軸、Bは2軸、Cは3軸、Dは4軸、Eは5軸です。また、数字の10?49はタンク機関車(炭水車をつけていない機関車)、50?99はテンダ機関車(炭水車をつけている機関車)でその後に続く数字は、機関車の製造順につけられています。中には、8620形、9600形など改正前の称号がそのまま使われているものもあります。

ビール サーモンのカルパッチョ

この日は気温が30℃を超え、真夏のような暑さに耐えられず、近くのお店でビールとサーモンのカルパッチョで喉をうるおす事にしました。冷房の効いたお店で飲むビールは最高です。
帰りはJRに乗って帰るので飲酒運転ではありません。
京丹後・久美浜の宿、堅木屋の料理もご覧下さい
丹後にはええもん、うまいもんがいっぱい。
あじわいのある古民家宿をはじめ、牧場バーベキュースポット、
19世紀の味の店ボート免許が取れる場所など盛りだくさん。
鯛めし京野菜などのごはんも充実。手摘みのブルーベリーも要チェックです。
開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。
堅木屋のお土産鯛の五目めしもご覧下さい

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

京都梅小路蒸気機関車館 への2件のフィードバック

  1. もちこ のコメント:

    katagiyaさん
    こんにちは・・
    >梅小路蒸気機関車館
    京都に・・素敵なところがあるのですね。
    上越の交通公園に一両だけ展示と言うか置いてあります。
    スケールが違いますね。
    旦那さんと息子が喜びそうです?。
    はちろくは、有名ですね。
    このように沢山あると楽しそうです。
    乗ることは、出来るのですか?
    katagiyaさんお洒落?黒ビール?

  2. katagiya のコメント:

    もちこさん
    >乗ることは、出来るのですか?
    86が客車を連結して構内をお客さんを乗せて走ります。
    >katagiyaさんお洒落?黒ビール?
    キリンの一番絞り黒ビールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です