京都・宮津の和火

Pocket

京都府宮津市の寺町周辺で行われたイベント、和火に出かけました。


和火

宮津市の路地やお寺などをロウソクの灯りで照らすもので、
10月9・10・11の日没から午後9時ごろまで行われます。

ロウソク

宮津の皆さんがそれぞれ、ペットボトルを使って、ロウソク立てを作り、明かりをともします。

和火

竹を切った中に、ロウソクを入れて、灯りを付けると、風情が出て、落ち着いた雰囲気が出ます。
夜の路地を照らす灯りに、誘われて、たずねるお寺は、昼にはない光景が見れます。

谷口商店

谷口商店さんと一緒に作っさごし五目めしです。宮津で行われるイベントなどで売られています。

さごし五目

このさごし五目は、堅木屋の、さわらの五目飯を炊くときに、さわらのほぐし身を加えて炊いたものです。

そばの花

パッケージは谷口商店さんオリジナルのもので、京都近海で獲れる、さごしを使った炊き込みご飯です。
他にも、へしこちらし寿司も販売しています。宮津のここでしか、味わえない物ばかり、多くの皆さんに、食して頂けたら幸いです。



blogランキング
宜しければクリックして下さい

京丹後・久美浜の宿、堅木屋もご覧下さい
パソコン教室の先生に教わった京都・丹後の旅。
海水浴場キャンプバーベキューだけではもったいない
宿民宿21世紀の味を堪能。
旬の魚介はもちろんのこと、枝豆手打ちそば丹後こしひかり
仕上げはジャージープリン
イラストの絵葉書と
開運はんこお土産に、さあ、帰ろう!^^
堅木屋のお土産五目めしもご覧下さい

カテゴリー: イベント, グルメ, 五目めし, 堅木屋の料理 パーマリンク

京都・宮津の和火 への2件のフィードバック

  1. 京丹後のおやじです のコメント:

    こんばんは
    宮津の祭りですか。
    ペットボトルの明かりが綺麗だったでしょうね。
    さわらの五目ご飯はさごしというのですか。
    パッケージもいいですね。(^^)

  2. katagiya のコメント:

    京丹後のおやじさん
    >ペットボトルの明かりが綺麗だったでしょうね。
    宮津の皆さんのテ作り感が伝わって、良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です