京都の伏見の酒を利き酒

Pocket

京都・伏見で利き酒が出来る酒屋さんを見つけ出かけました。京阪電車の伏見桃山駅を降りた、大手筋商店街の油長さんで、お店の奥のカウンターでお酒を頂きました。若いご主人でしたが、伏見の酒の特徴を知っておられました。「酒を飲んだ時の味覚は、人それぞれ違うので、沢山の銘柄の酒から好みに合った酒を見つけてください。」優しく語ってくれました。

京都 伏見の酒屋

京都 伏見の酒屋 油長

油長さんの南側には、黄桜や月桂冠などの酒蔵が並んでいます。

伏見の酒屋  利き酒

伏見の酒屋  利き酒

ひやおろの魯山人と桃の滴、生酒の富翁です。全を開けた時にした、美味しいお酒の匂いを嗅ぎました。どれも口当たりが良く、美味しい酒でした。

伏見の酒  利き酒

伏見の酒  利き酒

酒の弱い妻は、賞を取った吟醸酒の伊兵衛、白ワインのような、抱腹絶倒の月の桂、抹茶のお酒です。抹茶の酒はリキュールなので別にして、さっと飲める大吟醸酒の伊兵衛はさすが日本酒の味でした。ワインと間違えそうな、月の桂、米から作った日本酒とは思えない味で一番びっくりしました。
カテゴリー: グルメ, 京都府, 視察記録, パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です