北海道SL 幌内線 三笠

北海道の幌内線は道内で最も古く、1882年官営鉄道が手宮-札幌-幌内間を幌内炭鉱など近隣炭鉱の石炭運搬用の鉄道として鉄道路線を建設した。炭鉱の閉山に伴い、1987年(昭和62年)7月13日その役目を終えて、廃線されました。ここに掲載する写真は1975年(昭和50年)8月23・28日に撮影したものです。D51、9600型のSLが元気に働いていました。
39695 三笠 500828 3-32-18
 5787ㇾ幌内-三笠
39696 3-33-8
 5789ㇾ幌内-三笠
39696mikasa500828
5785ㇾ三笠駅を発車する貨物列車

幌内線、三笠駅59609牽引5785ㇾ石炭列車 1975年8月23日撮影

幌内線、三笠駅59609牽引5785ㇾ石炭列車 1975年8月23日撮影

幌内線、三笠駅D5153けん引5682ㇾ石炭列車 1975年8月23日撮影

幌内線、三笠駅D5153けん引5682ㇾ石炭列車 1975年8月23日撮影

三笠-菅野 D51 5680ㇾ 1975年8月28日撮影

三笠-菅野 D51 5680ㇾ 1975年8月28日撮影

幌内線、三笠駅39695牽引5787ㇾ石炭列車1975年8月28日撮影

幌内線、三笠-幌内39695牽引5787ㇾ石炭列車1975年8月28日撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です