寝台特急」カテゴリーアーカイブ

寝台特急出雲 終焉

2006年3月山陰線を走る寝台特急出雲が、最後を迎える日が近づき、その姿を撮影しました。
山陰線 餘部鉄橋 寝台特急出雲
2006年3月15日、山陰線の余部鉄橋を渡る、東京発出雲市行、寝台特急出雲号です。
2006年3月17日、山陰線の豊岡駅に停車中の、東京発出雲市行、寝台特急出雲号です。

出雲3号 雪の山陰線

1988年3月は降雪時期が長く、山陰線の海沿いでも雪が積もりました。早朝走る寝台特急出雲3号は白銀世界の中を西に向かって過ぎ去りました。
DD51けん引特急出雲3号
山陰線の竹野駅を通過して上り坂を進、東京発出雲市行き、寝台特急出雲3号 カメラ-マミヤ645 レンジ105㎜
山陰線の城崎駅を過ぎて、雪の花が見れる山間を竹野駅に向かう 東京発出雲市行き、寝台特急出雲3号 カメラnikonf100 レンズニコール50㎜

山陰線 朝日を浴びて

春から夏、山陰線の豊岡から餘部を走る東京発の寝台特急出雲3号に、朝日が当たり輝く列車を撮影出来ました。
山陰線余部鉄橋鉄橋 特急出雲3号
1984年7月31日 山陰線の余部鉄橋を渡る 出雲3号このころは出雲のヘッドマークが取り付けられていませんでした。 カメラマミヤ645 レンズ105㎜
1988年4月 山陰線の城崎-竹野を走る出雲3号 カメラニコンF100 レンズ135㎜

伯備線 夜行列車

稲刈りも終わり、のどかな秋空の下、出雲方面に向かう夜行列車が通過しました。
伯備線 伯耆溝口-岸本を走る下りサンライズ出雲
2020年10月6日伯耆溝口-岸本を走る、下りサンライズ出雲
伯備線 岸本-伯耆大山を走る8611M銀河
2020年10月6日 伯備線 岸本-伯耆大山を走る 下り銀河
伯備線 岸本-伯耆溝口を走る4031Mサンライズ出雲
朝日を浴びて米子へと向かうサンライズ出雲

山陰線の余部鉄橋1984年

 1984年7月31日に山陰線の余部鉄橋を通過する列車を撮影しました。
山陰線餘部鉄橋を通過する、82系特急 まつかぜ 
 新大阪発博多行き82系特急まつかぜは、グリー車と食堂車を連結し10両編成で余部鉄橋を通過しました。
山陰線餘部鉄橋を通過する、DD51牽引寝台特急出雲 
 14系寝台特急出雲3号、この頃は出雲のヘッドメークは、掲げられず少し寂しいものでした。
山陰線餘部鉄橋、急行白兎号
 大阪発米子行き、急行だいせんが、余部鉄橋を通過しました。
山陰線の餘部鉄橋を通過する、DD51牽引の下り普通列車
 DD511109が牽引の545ㇾは5両編成の旧型客車の普通列車

紀勢線 撮影旅行 那智-宇久井

紀勢線撮影旅行2日目、3月27日も快晴、那智のユースホステルで一泊し、みかん畑の上から撮影しました。その後紀伊田原に向かいました。
紀勢線 那智-宇久井 回送 寝台特急 なち
東京発紀伊勝浦行、寝台特急紀伊の新宮駅までの回送列車
紀勢線 那智-宇久井 急行 きのくに
203D急行きのくに
紀勢線 那智-宇久井 特急くろしお
3M、381系特急くろしお